下剋上の男(仮名)の理不尽な裏切りで、妻は暗闇で2人の男に輪姦される羽目になりました。元々、この下剋上の男(仮名)の部屋は鉄筋コンクリートの8階建ての最上階、角部屋で、いくら大きな声を上げても周りにはまるで聞こえないような所でした。「この日は日曜日で余計に ...

「ピンポ~ン」下剋上の男(仮名)の部屋のインターフォンが鳴りました。男がドアフォンのカメラ映像を確認すると、そこにはうつむき加減の妻の姿がありました。「その一件があってから10日後くらいに、下剋上の男(仮名)から今日、俺の部屋に来いって連絡があったの、さす ...

男は自分の絶対的なボスの女である妻を犯しました。妻は暴力によって征服され、絶対服従させられたのです。男と女の下剋上。凌辱は始まったばかりです。腹這いに押し倒され背後からの生挿入を許した妻の目に映るのはラブホテルの安普請の床だけでした。「痛くはなかった?」 ...

「男と女も下剋上、一瞬の油断で当時の彼氏の後輩に犯されちゃったの」妻の衝撃の告白の始まりです。「それはなんでそうなったの?」「さっきも言ったけど、しょっちゅう皆でBBQしたり、飲みに行ったり、夏は海とか、冬はスノボーとか、色々と遊びに行ったりしてたから油断し ...

その週末の夜、私たちは結婚記念日に合わせて、子供たちを実家に預けて湾岸沿いのシティホテルに来ていました。ホテルのバーでは月に1回の生ライブ、この夜は白人女性のジャズシンガーが出演中です。妻は自分で着物の着付けができますので、この晩はわざわざ和服姿でキメてい ...

拉致監禁された堀北ちゃん(仮名)と妻の目隠しが取られるとそこは、おそらく都心からずっと離れた何処かに佇む豪華な内装の一軒家でした。2人にとって、気が遠くなるように長い一夜は明けましたが、男たちによる責め苦はこれからが本番です。朝8時すぎ、疲労困憊して、まだ ...

いつまでも、堀北ちゃん(仮名)がすすり泣く声が車内に響いていました。その大きな瞳から零れ落ちる涙、それは理不尽な暴力とレイプに対する悔しさからでしょうか?車は闇を切り裂くように高速道路をひた走り、確実にどこかに目的地を定め、そこに向かってひたすら走り続け ...

それは、ある日曜日の夕方のことでした。妻が電話で誰かと楽し気に話していました。「うん、うん、そう、おめでとう、もちろん、かならず出席させてもらうわ」どうやら誰かの結婚式の連絡のようです。「あなた、今の電話、堀北ちゃん(仮名)だったの、今度、結婚するから式 ...

生還から半年以上の時間がすぎ、つらいリハビリを経て、彼女はやっと日常生活が送れるようになりました。「ありがとう、助けてくれて」北川敬子(仮名)は、お見舞いに来た妻に涙を流しながらそう言うと、失踪していた1年間の出来事を話してくれたんです。覚せい剤の影響で、 ...

「さんざん飲んだあげくに入った場末のスナックで北川敬子(仮名)に似た女を見かけたって言うの、なんかすごく痩せてたし、違うかも?、でも顔は間違いなく似ていたって・・・」この1年間、どんなに探してもその影さえ見つける事ができなかった北川敬子(仮名)の有力な情報 ...

↑このページのトップヘ