002_201405121634233d3
妻はお洒落な街のそのやり部屋で、性の業師たちの職人技と呼んでもいいような性技で責められすでに完落ちさせられていました。

「玩具職人さん(仮名)は元々、すご~いキツイ責めの方だし、拘束さん(仮名)もやっぱり非常~~~~に責めのキツイ~~人だった」


「危険な組み合わせだったんだね?」

「うん、このふたりの組合わせか・・・、って一瞬思ったんだけど、もういいですよ~、って言っちゃったんで、まっ、いいか?大丈夫かって・・・」

でも、もちろん大丈夫ではありませんでした。。。

ふたりの玩具職人は、極限までの緊張の羞恥責めと言葉責めで、もう完全落城している妻をベットに移してから更に、また本格的におどろおどろしい玩具で責めて追い込んでいきます。

妻はそのすざましい性欲の餌食にされ、男たちに完全服従させられようとしています。

玩具職人さん「美鈴、お前、この玩具入れてほしいんだろ」
「いやぁ、あっ、あっ!、ああ~~~」

「これから本格的に・・・、なの?」
「うん、宅急便プレーは前戯みたいなもんだった、でも前戯にしては凄すぎだけどね、うふふ」

妻は上半身を拘束されたままの状態で2人に犯されることになりました。
剥き出しの乳首はすでに口撃の餌食になって、これでもかと尖っています。

激しいキスで舌を侵されながら問答無用の玩具責めです。

「それから?」
「この人、本当に大人の玩具のプロの中のプロだから、もう、もうだめだった・・・、その玩具、どれもが壺に嵌っちゃって、何度も何度も逝かされちゃったの、でもね、興奮してたのは私だけじゃなかったの」

「ふたりも興奮してたの?」
「そうなの、ベットで玩具職人さん(仮名)も、拘束さん(仮名)も全裸になって、それで見たら、おちんちんが、2人ともバキバキに勃起してたの」

「すごく勃起してたんだ?」
「うん、それで普段は冷静な玩具職人さん(仮名)が、少しうわずった声で、おいっ、舐めろって、あっ、この人でも興奮してるんだって思ったら尚更、濡れてきちゃった」

「玩具職人さんのおちんちんは大きの?」
「大きいよ、すごく硬くてね、黒いの、う~ん、グロちん?あはは」

「え?黒いの?」
「そう、悪い不良みたいな、おちんちん、顔つきがワルなの、あはは」
「あははは」

「悪い不良おちんちんにやられたんだね?」

「うん、舐めさせながら、頃合いをみて、玩具職人さん(仮名)が私を四つん這いにさせて、また指と玩具で、私にとどめ刺さして・・・、その後すぐに後からやられたの」

「最初はバック?」
「うん、お尻に跨るみたいにして、入り口に狙いを着けられて少し上の角度から突き刺された」

「その状況でコンドームしてくれた?」
「なし崩しにされてコンドームはしてくれなかったわ」

「生?」
「ゴムして、って何度も言ったんだけど、聞こえないふり、てか、完全に無視されて、そのままズブズブってハメられちゃった」

「感じたの?」
「うん、良かったよ、いくら玩具でいかされてても、おちんちんは別腹なのかな?生だったしね、先っぽの凹凸まで膣で感じる・・・みたいな?」

「声が出ちゃった?」
「うん、我慢できなくて、大きい声で、あっ!、ああっ!、あっ、あっ~~!って声を出して、悶え狂っちゃった」

「だよね?」
「おちんちんは硬いし、もう玩具職人さん(仮名)は興奮しちゃって腰を動かしまくってガンガン突かれるしで、股間からグチュグチュっていやらしい音が出っぱなしだったわ」

妻は上半身が変則的に拘束されていますので、男本位にならざるを得ないというか、身体半分が身動きできない女には男たちの強烈な性欲、激烈な突きをまともに受け止めるという選択肢しかありません。

「大変だった?」
「壊れちゃう~~~~、ってくらい、これでもかって、腰を動かされて、そのうちに、玩具職人さん(仮名)が、ふっ!、ふっ!、ふっ!、って感じで息が荒くなってきたの」

「射精されそうだった?」
「うん、オッパイを、ぎゅ~って強く揉まれて最後にすごいスピードで腰を動かされちゃって・・・、そしたら、おちんちんの先がプクッ、って膨れた感じがして、そしたら、その瞬間に玩具職人さん(仮名)が、いく!って言って、ぬるっ、ってバックからギリギリのタイミングでおちんちんを抜いて射精したの」

「外出しだったんだ?」
「うん、なんとかギリギリで外出しはしてくれたの」

「どこに出したの?お尻?」
「お尻の上に出された、・・・と思う、玩具職人さん(仮名)の精子は凄く熱かった」


「それから拘束さん(仮名)にも続けて入れられたの?」
「間髪いれずに、拘束さん(仮名)に片腿持たれて、変則の横ハメで、突き刺すみたいに入れられたの、自分好みの拘束を自分でした女を犯すんだから、拘束さんにしてみれば、堪らないわよねぇ・・・」

「また生?」

「うん、玩具職人さん(仮名)の生挿入を見ていた拘束さん(仮名)にも調子にのられて、そのまま生で入れられちゃって、こいつ、ふざけるな、もう~!って、頭にきちゃったよ、あはは」

「拘束さんのおちんちんは?」
「太い、太ちん、あはは、長さは短くてたいしたことないんだけど、とにかく太いの」

「太いの?」
「太いけど、先っぽが意外と細くて物足りない、まあっ、59点かな、落第ギリ、あはは」

「あはは、59点ね・・・、それで?」
「この人、私の大きなオッパイが好きみたいで、いつまでもしつこく乳首舐めながら突き上げられて、いきそうになったら、オッパイと乳首を、ぎゅーって、抓るくらい強く揉まれた」

「そのまま横の体位で出されたの?」
「結構、色んな体位でやられたよ、おちんちんの角度を変えて、私の反応を楽しんでいたみたい、最後は正常位で私を組み敷くみたいな体勢でやられたわ」

「あぐっ、あぐっ、あぐっ」

曇った呻き声が出ています。

実は拘束具の一部分がわざと握りやすいようにしてあり、男はそこを掴んで馬のたずなでも挽くように激しく揺さぶっていました。

「最後は腹出しだったよ、精子がオッパイの方まで飛んできた、うふふ」

「それで、何度もされたの?」
「うん、拘束さん(仮名)の射精した汚ちんちんの残り汁を強制的にお清めさせられてる間に、玩具職人さん(仮名)がキスをしてきたの、かなりしつこく舌を弄ばれて、それから今度は私のあそこを舐めてきたわ」

「まさに休みなしだね」
「私のを舐めてるうちに、また玩具職人さん(仮名)のおちんちんが硬くなってきて、それを咥えろって言われて・・・、1回出したのに先っぽがお腹に着きそうな位に勃起してたよ」

「2回目だね」
「すぐに容赦なく正常位で入れられて、がんがんって突かれちゃった」

「当然、また生だった?」
「うん、当然って感じだった、まったくコンドームをする気配さえなかったよ」

「そうだったの」
「本当なら2回目だから、けっこう時間かかるんだろうけど、生のせいで感度が良すぎるみたいで・・・」

「早かった?」
「すぐに射精感が込み上げてきたみたいだったの、後で早いよ、って抗議したら、中がヌルヌルで気持ちよすぎるっていい訳してたわ、うふふ」


「うん、うん」
「それでね、玩具職人さんが、ねえ、中で、中でいいだろって・・・、私、ダメ、ダメ、赤ちゃん出来ちゃう、出来ちゃうからダメって言ったんだけど、腰を持たれちゃって離してくれなくて、結局、中に出されちゃった」

「避妊は大丈夫だったの?ピルを飲んでたんだったよね」
「元々、ピルを飲んでたけど、前にも言ったと思うけど、この頃から段々とコンドームとかが、なし崩しになってきてたから少しムカついてたの、やり部屋で病気とか、洒落にならないから」

「なるほど」
「こいつら、ホント無責任、って腹がたって、宅急便の件で虐められたのもあったから、赤ちゃん出来たら責任取ってねって、少し仕返ししてやった、玩具職人さん、まずい・・・、ってまっ青になってたよ、あはは」

「それで終わったの?」
「全然、終わらなかったよ、結局、この日はお部屋にお泊りになって、朝までやられちゃった」

「寝かせてもらえなかった?」
「うん、朝までやられたわ」

「色んな玩具を使われて、ふたりで合計8発くらいやられて、さすがに疲れてまいったわ、しかも、まずい、とか言ってたくせに、後は、どうせもう1回出しちゃったから同じ、とか言って2人とも全部中出し、まったくよね、うふふふ」

「8発か・・・」
「この部屋に通う男たちにとって私は100%性欲だけの対象だから、なにやっても、どんなセックスしても許される性の奴隷女か、よくてせいぜい只で使える生身のダッチワイフってくらいにしか思ってないから」

「そうなのかな?」

「そうなの、だから問答無用のセックスも、まったく躊躇のない中出しも、玩具責めでヘロヘロの女を朝まで犯すことも、彼らにとっては、単にダッチワイフだから、当然というか、なんの遠慮もしないの」

「あっ!その宅急便はなんだったの?」
「あっ、あれね、結局、きちんと10時前に届いたんだけど、なんと中身は新作の大人の玩具・・・、ってなんじゃそれ~~っ、オイって、あはは、それもすぐに私を責めるのに使われたけどね、あはは」

「そうだったんだ、あはは、それで、そこにはいつまで行ってたの?」
「お部屋でのすべてのことが嫌になって、行くのを止めようって思うことも結構あって、実際にあまり行かない時期もあったり、でも・・、やっぱり行っちゃったりして、私って淫乱なのかも知れない」

「そうだったの」
「そのうちに、商社さん(仮名)が中東に行くことになって、俺について来て、結婚してってプロポーズされたんだけど、即!即座に、秒殺で無理、って、断った!、で、やり部屋も終わり!!すべて終了!!!って・・・」

「秒殺。。。?、どうして?」
「だって、あの人、中東でもN・T・R・とか言いそうで、あはは」

「言いそうだね、あはは」
「私、外人さん苦手なの、あはは、でも良かった、行かなくて大正解、おかげであなたと巡りあったから、あなたを愛してるから・・・」

「うん、そう思う、美鈴、愛してるよ」
「ねえ、あなた、あなただったら、その部屋にいくと、いつでも、なんでも、好きなことさせてくれる女がいたら、どうする?やっぱり、やりまくるよねぇ~?、うふふっ!」

これが、妻が若い頃、男たちの性の奴隷、性欲の捌け口になった過去・・・です。

無意識に握りしめていた助手席に座る妻の掌が汗ばんでいます。
いつの間にか渋滞はなくなって、そのお洒落な街から、随分と離れて遠くに来てました。

もうすぐ自宅です。
赤信号で車が止まると妻が首筋に噛り付いてきました。

私も強く抱きしめ、キスをします。
差し込まれてきた妻の舌は熱を帯びていました。

ふたりで家に帰ります。
今夜は妻を私だけの性欲の捌け口にするつもりです。