749d504d
酒に混入された薬のせいで意識朦朧にされた妻は部屋まで送ると言って、そのまま強引に部屋に上り込まれ、姿も心も醜い猪豚男のくせに、送り「狼」と化した鬼畜のクソ男に犯されていました。

部屋にはエアコンが効いているとはいえ、若い男と女の絡み合う熱気で蒸しかえるようです。

その淫靡な空気は、お互いの香水や汗、沸き立つ体臭、男の精液や女の分泌液などが混じりあった独特の匂いに包まれています。

「お前は淫乱のヤリマン便所だよな、ふふん、彼氏がいるくせによ、俺様にやられて、いきまくってるじゃねかよ、あはは、ふん、まんこ濡らしやがって、精子処理女がよ、てめ~~、ほら、もっといけよ」

「あまりの悔しさに涙が滲んできて、糞野郎、死ね、ふざけんなって言い返すんだけど、オッパイをぎゅ~ってされたり、まんこを指で、が~~、ってやられて潮噴きをさせられたりしたの」

犯す男の荒い息遣い、犯される女の悔しさに啜り泣きながらも耐え切れずに漏れる喘ぎ声が深夜の闇に飲み込まれていました。

「それからどうなったの?」
「携帯がかかってきてから、あいつは異常に性感が昂ぶったみたいで、なんていうか、もう性のターミネーターみたくなっちゃって、おちんちんはずっと鉄みたいだったわ」

「鉄?」
「かちんかちん、もう異常な硬さだったよ、うふふ」

「それって輩の彼氏に嫉妬したのかね?」
「変な話だけど、私っていう女を所有してる男に対してのプチ嫉妬みたいな?、それにプラスして、そのリアルで声を聞いた奴の女を寝取ってるっていう興奮で完全におかしくなってたんだと思うよ」

男が妻の腰の辺りを太腿で挟むように固定してその身体を弄り廻しています。

白い乳房を痕が付くほど抓りあげ、乳首をちゅう、ちゅうと吸いながら、男の指は的確に両腿の真ん中の秘蜜の場所を弄っていました。

そして妻のすらっと伸びた脚をこれどもかと拡げさせると濡れそぼる淫唇を舌で舐めあげています。

執拗に舐めていた男は、やがて満足したのでしょうか?

その醜いほど硬く尖った男樹を入り口に宛がい、変態汁が滴るその先っぽを、ずぶずぶと濡れそぼる妻の中に挿入してきたのです。

男の攻勢を少しでもかわそうと身を捩ります。
組み敷かれながら、妻は嫌々するように顔を横に振っていました。

「でも、そのことがかえって、あいつに体位の自由度を与えちゃって、奴のその性のパワーを正面から受け止めることになったの」

部屋の灯りは小さな照明だけを残して消され、カーテンの隙間からかろうじて薄明かりが漏れ入るだけでしたが、ちょうどその明かりに照らされる妻の顔は泣いてるようにも見えました。

しかし・・・、

自らが望まない相手との強制性交、その嫌悪感とは裏腹に、何度も中出し射精や口淫性交をされて感度が上がっていたのか、激しく責められるうちに妻も完全に「女」モードが入ってしまったみたいでした。
 
太く膨らんだ先っぽが膣内を擦るたび、もう堪らないという感じの様子で、その腰に自ら両脚を絡めると、「うっ、うっ、うっ、ああっ~~~」と声を上げながらまるで狂ったように頭を振っています。

「おちんちんの動きに合わせて腰をクイックイッって、自然に体が動いちゃってたわ」
醜い猪豚男は成熟した女のエロい腰の動きに我慢できず、またしても射精の瞬間を迎えたのです。

女の本能的なものなのでしょうか?

射精の瞬間、妻は太腿で男の腰をロックでもするようにがっちりと絡めとり、その精子を一滴とも漏らさないように自らの腰を密着させていました。

そして、細かく震わすように腰を使い、男の残り汁を最後の最後まで搾り取っています。

「その後もずっとセックスしてたの?」
「私がいくら、少し休ませて、ってお願いしても完全に無視されたわ、もう女を征服した感に酔ってる感じ?、何度も何度も、何度も出されて、もう終いには諦めて、いくらでも好きにしろみたいな、うふふ」

「どんだけの性欲なんだろうね?」
「まったくよ、やりたい放題だったわ、短時間で、これでもかって位、連続で出されたよ、私の人生の中で後にも先にも、あんな短い時間であれ程、射精する奴を見た事ないわ」

「それから、どうなったの?」
「その時、私、お尻の穴でやられてたの」

「その時って?」
「その時よ、うふふ・・・」

「なんかあったんだね?、それでお尻は痛くなかったの?」
「男の精液とか、私のマン汁とか、クンニされた時のそいつの唾液とかでドロドロだったから痛くはなかったけど、やっぱり鉄のちんちん状態だから、内蔵をえぐられる感じで辛かった、でも・・・」

「でも?」
「やっぱり、少しは感じてたかな?」

「少し?」
「正直、どうしても我慢できなくて、うっ、うっ、って獣みたいな声が出てたと思う」

男は妻を四つん這いにして尻を高く上げるような姿勢で責め続けていました。
尻の割れ目が唾液と愛液でテラテラ光っています。

男が興奮してその白く丸い尻に襲い掛かり、夢中でアナルに男樹を突き立てました。

その硬い先端で尻を開錠させ深く貫き腰を振ると、妻が「くうんっ、うっ、ううぅっ~」とお仕置きされた小型犬のような切ない悲鳴をあげています。

「散々バックで楽しまれてから、今度は上に乗られて正常位でやられたの、あいつ、少しずつおちんちんの角度を変えて私のお尻の穴を楽しいんでたわ」

妻は腰を持たれぐりん、ぐりんと尻を振られるようにして穴の粘膜を楽しまれていました。

「その時、カチっ、って、お部屋の入口の方で本当に小さな小さな音がしたの」
「え?なにが?」

「後で確かめたら、携帯がかかって来てから正確には55分後だったんだけど」

「えっ?、えっ?、まさか、それってスーパー輩の人?」
「そう、その音は合鍵でドアの鍵を開ける音だった、私は顔を玄関に向ける向きでやられてたから、音のした方を見たの、そしたら、玄関ドアのノブがゆっくり、ゆっくりと廻り始めたの」

「えっ?、えっ?、えっ?、」
「部屋は薄暗かったし、成城くん(仮名)は、ドアに背を向けてて、ちょうど今にも射精しそうなタイミングだったから全然気がつかなくて・・・」

「うん、うん、うん」
「成城くんが、私の脚を大きく押し広げて、凄いスピードで打ち込んできて、もうお尻の穴が壊れそうなくらいだった、それで、おっ、おっ、おっ、おっ、って、まるでオットセイみたいな声を上げ始めたわ」

「オットセイ?、あっ、動物のね、あはは」
「それで、出すぞ、って、私の目を見ながら言った瞬間に、しゅっ、っていう金属音がしたの」

「えっ?、なに???」
「スーパー輩の彼氏が、なんていうの?伸び縮みする棒、あっそう、特殊警棒っていうのを伸ばした音だったの」

「え~~~~っ!」
「そのまま、音もなく近づいて、あいつが気配に気がついた瞬間・・・」

「うわ~~~~~~!!」
「そのまま成城くんの側頭部をバキーン、って」

「ああ~~~~~~~~~~!!!」
「頭をかち割られるって、ああいう時に使うんだね、あはは」

「それで???」
「成城くんは、当然なにが起こったのか分からなくて、スローモーションみたいにがっくりって崩れ落ちたわ」

「うん、それで?」
「あいつ、丁度、射精するタイミングだったから、殴られて、私の体から離れた瞬間に精子をまき散らしながら倒れて、そしたら彼氏が汚ね~な、てめ~、って完ギレして」

「うん、うん、うん」
「フルスイングで特殊警棒をあいつの顔面に叩き込んだの、パチーンって前歯が折れて、ぎゃ~、って悲鳴上げてたけど、スーパー輩の彼氏は無表情で、また体勢を入れ替えて今度は馬乗りになったの」

「それから?」
「本能的に手で顔を守ろうとしたんだけど、その手を剣道の「こて?」みたいにはらわれて、あっ、後で聞いたけど指の骨3本を粉砕骨折だって、それから顔面打ちされて歯がまた飛んでたよ」

「それ凄そうだね、あはは」
「もう笑えないくらいのメッタ突き、あの頑丈な特殊警棒が少し曲がるくらい殴られて、顔面や腹にサッカーキックを無数に入れられてた、すぐに全身血まみれで、ゲロ吐きまくりだった」

「凄い・・・」
「あいつ、最初の一撃をくらった時に床にまき散らした自分の精子の上で精液まみれで呻いてたよ」

「因果応報だね」
「当たり前だけど、私、同情とかは全くなくて、心からざま~、ざま~みろ、って思っちゃった」

「よく死ななかったよね?」
「普通あんなにやったら簡単に死んじゃうんだけど、ある意味プロだから、あはは」

「そうかプロか?スーパー輩だもんね、あはは」
「そうなの、成城くんの意識が飛びそうになったら時間をあけて、また最初から制裁のやり直し、もうまったく抵抗できないくらいボコボコにしたら今度は脅迫、あはは」

「脅迫?」
「ここで言えないくらいの恐い脅迫、あはは、で、脅迫が終わるとまたタコ殴り、プロだわ、あはは」

「キツいお仕置きだね」
「恐ろしいよ、あはは、人が人をあれほど制裁するのを初めて見たよ、前歯は1本も無いし、私の部屋は9階だったんだけど、そこのベランダから吊るされて落とされそうにされたり・・」

「そりゃ、怖いだろうね」
「成城くん、絶対殺される、って心からビビってたと思うよ」

「ところでなんで彼氏が?諏訪じゃなかったの??」
「うん、あなたにさっき聞いたあの7200CC、あの車で飛ばしてきたって」

「え?ちょっと待って、諏訪から初台って、え~~っと、スマホで見るから待ってね」
「遠いんでしょ?」

「え?距離合計179.8km、所要時間合計2時間19分って、それを55分ってなに?」
「うん、だから300キロ出るの?って聞いたでしょ、うふふ」

「あ~、そう言う事ね、あはは」
「なんか途中300キロ3回くらい出したって言ってた、成城くん(仮名)は距離と時間を自分なりに計算して彼氏が絶対に来ないうちに逃げるつもりだったのよ」

「55分か・・・、早いね」
「そう、他人の女を犯すなら最後まで油断するなって話よ、あはは」

「それで成城くん(仮名)は、どうなったの?」
「彼氏が私に、大丈夫かって声をかけてる隙に逃亡しようとしたのよ、全裸で裸足のままでドアの外に飛び出したんだけど、マンションの廊下ですぐ、スーパー輩の彼氏に捕まって、また文字どうりのボコボコのバキンバキンにされてた」

「周りの部屋の住人は平気だったの?」
「あの部屋、場所が初台だったから、新宿にも渋谷にも近いから、お隣とか、ほとんどお水か、風俗っぽい女の人とかばっかりだったから、深夜にならないと誰も帰って来ないの」

「なるほどね」
「それで成城くん(仮名)、廊下でまた半殺しの目にあって、もう血まみれ、ゲロまみれにされてた」

「あははは」
「で、ちんこ丸出しのまんまで、例の7200CCの車のトランクに積まれてどっか連れていかれちゃった、あははは」

「ああ~終了だね」
「結局、とんでもない脅迫されたらしくて、でも薬飲まして、私を犯した弱みがあるから警察に言えなくて、ほら、やっぱり、将来とか考えて、お金で解決・・・ってなって親が出したらしいよ」

「へ~、そうなんだ」
「慰謝料5000万、ガソリン代と高速代が1000万だって」

「えっ、えっ?、5000万??ガソリン代、高速代で1000万???」
「ま、親にしてみれば、未来の社長の大不祥事だから・・・、でも、やられたのは私なのに、1000万しかくれなかったよ、7発?8発?やられて1000万、う~~ん、微妙、うふふふ」

「えっ?そんだけ?」
「だってスーパー輩だから、あははは」

私達の乗った車は、妻のいつもながら衝撃的な話を聞いているうちに自宅の近くまで帰ってきました。

「あなた、今夜する?」
「うん」

「いっぱい、してね、うふふ」

私はもうすでに我慢できずに助手席に座っている妻のスカートを手繰り上げ、太腿に手を這わしていました。
妻にしても話してるうちに、その時の光景が甦ってきたのでしょうか?

その太腿は汗で、じとっと湿っていました。

今夜は、成城在住の猪豚男と会ったことも、見たこともない、スーパー輩の彼氏をおかずにして、男達の代わりに妻を喰らいます。

「でもスーパー輩ってなんだ?w」