20171224015346743
女2人VSやりたい盛りの体育会大学生8人のいつまでも終わりそうもない対戦が続いていました。

「その次の子はどうだったの?」
「うん、この人が8人の中で一番大きかったかな、先が不自然なくらい太くてガチガチに硬かったよ」

「へえ、良かった?」
「正直言って、良かった、でも・・・」

「でも?」
「自分のおちんちんに自信がありすぎて・・・、生意気な感じのやつだった」

確かに、過剰な自信を持つほど、その男樹は大きさも太さも一流でした。

「こいつ、顔も可愛かったから」
普段から女にモテてるのか?若いクセに女の扱いにも慣れていたようです。

「その子に、ぶちゅ、ぶちゅってベロキスされて、オッパイを吸われたの、それで騎乗位でやったわ、下からガンガンに突かれて逝っちゃった・・・」

「逝っちゃったの?」
「うん、態度が生意気な感じで少しむかついてたんだけど、おちんちんが凄くて・・・、それに・・・」

「それに?」
「この子は騎乗位の途中で間違いなく射精したはずなの、でもそれをみんなに隠して、何事もなかったように突き続けて、抜かないで2回したのよ、あとが詰まってるのにね~~、なんか失礼・・・」

「ふ~ん、それで?」
「こいつ、私が気に入ったらしくて、あとも何かと寄ってきて何回もやったんだけど、抜け駆け体質っていうか、トイレまで着いてきて、トイレでやられたりしたわ」

「トイレ?なんでわざわざ?」
「皆の前ならいくらでもやれるのに、なんかこだわりがあったんでしょ」

「こだわりね?」
「俺のが一番デカいだろ?俺うまいだろ?とかって、ほら、先輩の前で言いにくかったんじゃないの?、まったく、ガキのくせにおっさんみたいにしつこかったわ」

「同期OLさん(仮名)はどうだったの?」
「足腰立たなくなるくらい、激しくやられてたよ、彼女も全部中出しされてたわ」

妻が早漏男の子に30秒で中出しをされた頃、同期OLさん(仮名)は、ちょうど部屋の反対側の角で、この晩、最初の挿入を受け止めようとしていました。

陰毛のない彼女の淫唇はくっきりとその形を男の子たちの視線に晒しています。
もちろん、その部分はこれでもかと濡れそぼっていました。

グラビアアイドル並みのスーパーボディを弄り廻し、舐めまわした男の子たちの次の目標はそのムッチリ太腿の中心部、そこに己の怒れる化身をぶち込むことです。

170センチ近い長身に長い脚、日焼けしたグラマラスな身体が若い男の子たちの性感を刺激していました。
すでに全員が極限までに勃起しています。

誰が最初にこの女に打ち込むか?
お互いにけん制するような微妙な空気が流れていました。

そして、最上級生と思われる男が意を決したように彼女を組み敷き、股間に身体を滑り込ませます。
まずは正常位での挿入です。

細い足首を掴み、両脚を高く掲げせるようにすると、毛がなく剥き出しの標的に狙いを定めました。
淫唇の淵に男樹が擦られるたびに、早く入れてとばかりに腰が微かに震えています。

「うっ、うっ~~」

同期OLさん(仮名)の切なげな呻き声が上がるのと同時に、いきり立った男樹が彼女を貫きました。

男の子はすぐに突きません。
奥の奥まで、ゆっくりと歩を進めているようです。

様子を伺いながら別の子がキスをしました。
彼女はその口の動きに応えるように自分から舌を動かしています。

挿入を果たした男がゆっくりと動き始めました。

男のペースが段々と上がってきて、子宮を突き破らんかの勢いです。

「もう堪らない・・・」とでも、身体で表現するように、男の子に強く抱き着き、彼女の長い脚が男の子の腰に巻きつく様に絡みついています。

最初こそ、年下の男の子に「しょうがないから、やらしてやってる」みたいな大人の余裕がありましたが、その若い性パワーの怒涛の責めに、もう受け止めるだけで精一杯の様子でした。

その子の突きは短い間隔での突き上げです。

短い間隔の突きに合わせて、同期OLさん(仮名)が「あっ、あっ、あっ」と連続して声を出しています。
左右の乳首をまた別の男の子2人が舐め始めました。

渾身の突きの快感に性感帯を舐められる快感、押し寄せるダブル快感に性感が一気に昂った彼女は「逝く、もう逝っちゃう、逝っちゃう」と身を捩り悶えています。

突然、「あっ、大きい、大きい、大きいよ~~」といちオクターブ高い歓声が上がりました。

何か膣内の男樹に変化があったのでしょうか?
組み敷かれた同期OLさん(仮名)がそれに呼応するように下から激しく腰を振り始めます。

射精の気配を感じた彼女も一緒に逝くつもりです。

終わりの近づいた男の子は再び彼女にキスをしました。
お互いに舌を激しく絡め合っているのが順番待ちの3人にも丸見えです。

「どんどんどん」
大きく腰を振った男は射精を果たしました。

当たり前のように中出しです。
「中で出していいか?」とさえ、男の子は聞きません。

また、覚悟ができてたのか?
彼女も何も言いませんでした。

男の射精で、縛めからやっと解放されたと思ったのもつかの間、もちろん次が待っています。
最初に射精した男の子に強制お清めをされている間、次の子が股間を弄り、準備を整えていました。

やっと、順番が来た男の子は好みの体位なのでしょうか?
無言でその裸体を四つん這いの体勢にします。

彼女が尻を突き出すと、すぐにその盛り上がった尻に乗られることになりました。

腹に付くほど勃起した男樹が無造作に挿入されると、「あん、あん、あうん、あうん」
まるで子犬のような鳴き声が部屋に響き渡ります。

バックで激しく突きを見舞う男の子のアシストの意味なのか?
それとも、ただ単に順番まで我慢できないだけなのか?

四つん這いで垂れ下る豊満な乳房には別の子が噛り付いています。
そして、彼女の唇と舌は、また別の男に支配されていました。

下から突き上げるような揺れ動く尻の動きに性感が昂った男の子は思いのほか早く射精しました。
また、中出しです。

男が終わると間髪をいれず、次の男が挿入します。
終わらない輪姦セックスです。

妻曰く、

「この時、気が付いたことがあるんだけど」
「なに?」

「普通、友達の性癖なんて分からないでしょ?」
「そうだね」

「でも、こんなことがあったから、彼女の性癖が分かったわ」
「へ~、どんなの?」

「彼女、完落ちすると、Hの時、万歳して、その相手にだらしなくベロ出すの」

「ベロ???」
「ワンちゃんが転がってお腹晒す、みたいな感じかな」

「なるほどね」
「男の子たちの中でも、おちんちんがでかくて、セックスが激しい人には、特に媚びるっていうか、だらしない感じになるの、まぁ、根本的にM体質なんだと思う」

「ベロ出しは服従の印」だそうです。

妻と同期OLさん(仮名)はそれぞれ連続して4人との性交を強いられました。

「大体、1時間くらいかかって4人とやったわ」
当然ですが、4人との対戦が終わっても、次には別の4人が待ち構えています。

「休憩、ねえ、疲れたから、少し休ませて!」
何度も訴えましたが、完全に無視です。

「連続8人はきつかったわ、感じたけどね・・・」
やりたい盛りの体育会男子の性欲は無尽です。

結局、2人の女は朝まで寝かせてもらえず、エンドレスで彼たちの性欲処理をすることになりました。

「もう、何回したか分からないわ、確実に10回、もっとしたかな?数えてられないくらいしたわ、2対8だし、めちゃ疲れた・・・、でもまあ、一晩くらいいいかって、でも朝もやられたけどね、あはは」

「そうなの?」
「朝方までやりまくって、お酒もはいってたから全員がいつの間にか寝てたの、外が明るくなった頃、何か気配を感じてぱって目をさましたら、同期OLさん(仮名)がバックでやられてた、あはは」

「なるほど」
「皆を起こさないように無言でやってた、そしたら、私の隣で寝てた子もそれに気が付いて・・・」

「気が付いて?」
「やっぱり、やられちゃったわ、昔から早起きは三文の得ってね、うふふ」

2人は見つめ合いキスをしました。
長い、長いキスです。

そして、唇を重ね、舌を啜られたままで、そのまま押し倒れました。
上に乗り掛かる男の子の男樹は昨夜の激戦を忘れたかのように激しく勃起しています。

キスをしながら、ろくに前戯もせずに男樹が挿入されました。

「ああ~~」
他の子たちを起こさないように我慢していた声が思わず洩れてしまいます。

「最初、濡れてなくて、ちょっと痛かったけど、トロトロのキスされたのと、この子、朝から大きくて、硬くて、すぐ濡れてきたわ、もう、逝きまくちゃった・・・」

その声に男の子たちが目覚めるのは確実でした。
「その子の責めを受けて夢中になってて、気が付いたらまた囲まれてたわ、うふふ」

女2人VS男の子8人、朝の再戦開始です。

緊急事態だし、助けも来るし、「まぁ、一日くらいいいか・・・」と妻は思っていましたが、しかし、世の中、好事魔多し、翌日も、翌々日も強風が吹きまくり、救助はまた延期になってしまったんです。

そして、がけ崩れの復旧が終わり、救助が来たのは3日目の早朝でした。

結果。。。

「3日間×24時間ムラッときたらいつでもOKの状態になっちゃった」
・・・そうです。

3日間、人生最高記録更新の30発以上(実はもっとかも?)やったらしく、

「とにかくヒマだから、ご飯食べてても、お酒飲んでても、寝ててもわざわざ起こされてやられるし、トイレでまでやられるし、まったくだわ。。。疲れた・・・」

「しばらくは、男の顔見るのもイヤになったわ、うっぷって、あはは」
・・・らしいです。

「その後、男を知ってから初めて3か月も男とやらなかったわ」
・・・なんじゃ、それ。。。

ちなみに、

「同期OLさん(仮名)は当時の彼氏の精力に不満があったらしく、この体験からほどなく別れて、それで、遊びまくった挙句、絶倫のプロ野球選手と結婚したらしいよ、私の性欲を満たせるのは彼だけってね」

「そうなんだ」
「この時のセックスがよっぽど、良かったらしいわ」

「へ~~、お前は?」
「・・・・・・・・・・・・・」

今夜は妻を朝まで寝かせません。
トイレでもやります。。。